風流な茅葺き屋根のお茶屋さん『水谷茶屋』(奈良市)

水谷茶屋

以前一泊二日の奈良旅行をした際、お昼休憩に立ち寄った『水谷茶屋(みずやちゃや)』さん。
紅葉の名所としても有名ですが、こちらで食べさせていただいた甘味が絶品!ロケーションも最高でした♪

奈良公園散策の際にぜひ立ち寄っていただきたいお店の一つです。

目次

外観

お店は春日大社の北参道近くにある水谷川の畔に建っています。
昔話にも出てきそうな茅葺き屋根が特徴的ですね〜!

創業は1948(昭和23)年とのこと。
春日山原始に隣接ということもあり、木々が生い茂る自然豊かな場所に立地しているので、周辺の環境が本当に素晴らしいです。

苔むした茅葺き屋根がいい味を出しています

周囲にはカエデが密集しているので秋には紅葉の名所にもなります。

お茶席などでもよく見かける赤い敷物(毛氈[もうせん]というそうです)と傘が、より一層和な雰囲気を演出していますね。
鹿さんがお店の周辺をウロウロしているというのも、奈良ならではの風情があって最高です!!

内観

古風な趣のある店内にはテーブル席がいくつかあります。

古民家大衆茶屋とでもいいましょうか?

囲炉裏や暖簾、和紙行燈などから懐かしい古き良き日本を感じます。
日本人なら、誰もがホッと落ち着ける空間ではないでしょうか?(※個人の感想です)

メニュー

「きつねうどん」や「わらびもち」など、昔ながらのお茶屋さんらしい定番のメニューが並んでいます。

お店前の食品サンプル

うどん

おうどんは全品冷やしに変更できるとのこと!

外国の方向けに「ベジタリアンメニュー[]」の表記もされていました。

うどん
・かけうどん(580円)
・きつねうどん(770円)
・かき揚げうどん(770円)
・えびの天ぷらうどん(860円)
・あられうどん(650円)
・山菜うどん(820円)
・ざるうどん(770円)

一品
・えびの天ぷら(290円)
・かき揚げ(220円)

甘味・飲み物

「わらびもち」「だんご」「お抹茶」など。
和菓子好きの私にはたまらないラインナップです♪

外国語表記にもバッチリ対応されています

甘味
・春日野わらびもち(550円)
・茶屋だんご(550円)
・葛きり(700円)

・お抹茶[お菓子付き](700円)
・春日野わらびもち[抹茶セット](980円)
・茶屋だんご[抹茶セット](980円)

ソフトアイス
・バニラ(450円)
・抹茶(450円)
・チョコミックス(450円)
・ストロベリーミックス(450円)

飲み物
・抹茶ラテ(460円)
・アイス抹茶ラテ(460円)
・たっぷりホットコーヒー(440円)
・アイスコーヒー(440円)
・アイスティー(440円)
・コーラ[ゼロカロリー](350円)
・ビール(440円)

茶屋だんご[抹茶セット]

わらびもちと悩みましたが、お茶の風味を満喫したい気分だったので「茶屋だんご[抹茶セット](980円)」を注文することにしました。

店内のカウンターで注文して会計を済ませたあと、番号札を受け取ってしばらく待ちます。

番号札もなんだか味がある

待っている間も周辺の景色を楽しめるので、全然退屈しません♪

苔むした木々と、そこに映える朱塗りの橋がこれまた素敵

注文した商品を自分で取りに行くのか?持って来てくださったのか?はっきりとは覚えていないのですが…
しばらく待っていると「茶屋だんご[抹茶セット]」が手元にやってきました!

間違いなく美味しいやつ!!

白とお茶入りの緑色、2色のお団子が入っていて、その上にあんこときな粉がたっぷりとかかっています。

ピンボケですが…許してください

お団子はモチモチで、茶団子はお茶の風味をしっかり感じることができます。あんこも甘すぎず、きな粉の風味が更に美味しさを引き立てていますね!
日差しがあって暑い日だったので、団子が冷やされていてヒンヤリしていたのも感動でした。

そしてこのお団子にお抹茶が合うこと合うこと!!
こんなの美味しいに決まっております!!


日本人に生まれてよかった〜〜!!(魂の叫び)


長時間歩いた疲れも一気に回復したのでした。

※食べ終わった後は、店内の返却口に食器を戻しましょう。

最後に⚠︎


先ほど書いたように周辺には野生の鹿さんもたくさんいますので、横取りされないように気をつけてください!!
また、奈良の鹿さんに鹿せんべい以外のものを与えるのはご法度ですので!!その点も踏まつつ、周辺環境を満喫しながら美味しい甘味やうどんを楽しんでくださいね♪

「水谷茶屋」の情報

所在地:奈良県奈良市春日野町30

水谷茶屋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次